民泊を代行すれば素人でも運営が可能になる

紙幣を持つ人

マンション経営の常識

マンション模型

不馴れな業務は委託

マンション経営において、マンションの管理をマンション管理会社に委託ことは、もはや常識です。このことは、民間の賃貸経営で、すべて自己管理しているというケースは全体の10%以下だという調査結果によって明らかにされています。マンション経営は投資ですから、お金があれば始めることはできます。ただ、マンション経営はマンション管理という実務が伴う投資であり、その実務が事の行方を大きく左右します。そして、その実務は多くの投資家にとって不馴れな実務であるはずです。従って、マンション管理会社に委託することは非常に合理的なことなのです。マンション管理会社が請け負う業務はマンション管理業務全般だけではなく、入居者募集業務も請け負います。入居者募集業務はマンション管理業務同様、非常に難儀な業務です。そして、そもそも入居者がいなければ賃貸経営を継続させることはできませんから、入居者募集業務を請け負っていることもマンション管理会社に委託をするメリットだと言えます。マンション管理会社は通常、家賃の数%を取り分として業務を請け負います。つまり、入居者がいなければ、利益を得られないことになりますので、マンション管理会社が入居者募集業務を請け負うことは当然の成り行きであり、と同時に、懸命に入居者募集業務を行うことも、これまた当然なのです。このように、マンション管理会社に委託をすれば、マンション経営が成功する確率は高くなりますし、マンション経営も非常に楽になりますから、多くのマンション経営者がマンション管理会社に委託をしているのです。